可変電源ZK-4KXと電子負荷XY-FZ25/FZ35


はじめに

AliExpressでZK-4KXという可変電源を見つけたので購入しました.端子を取り付けて3Dプリンターでケースを作りました.これまで可変電源はいくつも作ってきましたが,このモジュールは入力電圧の幅が5~30Vと広くて,降圧だけではなく昇圧もできるという特徴があります.電圧は0.01V単位で調節できて,電流は最大3Aで制限を設定することもできます.

似たようなモジュールで,XY-FZ25という電子負荷も以前購入しました.XY-FZ35という最大電力だけ異なるモデルも存在します.電子負荷は,充電池やDC-DCコンバータの評価をする際にあると便利なので以前から自作したいと思っていたのですが,色々な機能もついているので既製品を購入してしまいました.

今回は可変電源も電子負荷も単にケースに入れただけで電子工作はしていません.昔は電子工作で使うケースは主にタカチのSW-125に統一していたのですが,最近は3Dプリンターで自作するようになりました.ただし幅と奥行きはSW-125に合わせています.これまでにこのケースに収めた自作物を集めて記念写真をとってみました.なお可変電源の端子にはサトーパーツのT-40を使ってきましたがしばらく前に廃品種になってしまいました.この端子は小型でテスターのピンも差し込めて便利だったので残念です.

可変電源と電子負荷
同型のケースを使った例

ケースのSTLデータ

操作方法

この可変電源と電子負荷は多機能なのにマニュアルが付属せずに使い方が分かりにくいので,メモ代わりにここに情報を残しておきます.


可変電源ZK-4KX

仕様

通常画面の使い方

この画面は電圧や電流等の情報が表示される画面です.

電圧・電流設定画面の使い方

この画面は出力電圧と最大出力電流を設定する画面で,設定する桁が点滅します.
10秒間何も操作しないと通常画面に戻ります.

パラメータ設定画面の使い方

この画面は各種のパラメータを設定する画面です.起動時に出力をオンにするかオフにするか(OPEN-ON/OFF),7つの保護機能のパラメータ(LVP/OVP/OCP/OPP/OAP/OHP/OTP),3つのキャリブレーションパラメータ(CAL-IN-V/CAL-OUT-V/CAL-OUT-A)を設定できます.
キャリブレーションパラメータは精度を確保するため電圧は12V以上,電流は1A以上で設定の変更ができます.

保護機能画面の使い方

この画面は保護機能が作動した場合に出現し,作動した保護機能の名前が表示されます.出力も自動的に停止します.
何かボタンを操作をすればこの画面を終了します.

注意事項


電子負荷 XY-FZ25/FZ35

仕様

機能の説明

操作画面の使い方

設定画面の使い方


[戻る]
2020-11-30 ページ作成
T. Nakagawa