×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MP3プレーヤーの修理


はじめに

秋葉原のジャンク屋で壊れたMP3プレーヤーを100円で売っていたので,買ってきて修理しました.
役に立つ情報はありませんが,記録のために修理の過程のメモを残しておきたいと思います.

修理

付属品は何もなく,ボタンを押しても全く動作しない状態でした.本体にSi-200Cという型番が記載されていて,Web上で情報が見つかりました.
この製品は不具合があり一度回収されたそうですが,自分の入手した製品のシリアルナンバーはその不具合品に該当していました.

とりあえず分解するとリチウムポリマー電池が液漏れのような腐食した状態になっていたので,電池を取り除いて電源につなぐと問題なく動作しました. なお,3.6Vではバッテリー残量不足の表示が出てすぐに電源が落ちてしまい,4.0~4.2V程度の電圧が必要だったので,4Vのシリーズレギュレータを5VのACアダプタにつないで使いました.

このプレーヤーの本体には4極のミニジャックだけがついており,これがUSB端子とステレオ出力を兼ねているようでした.
基板のパターンからUSBのVBUSとGNDがどれかは分かったので,D+とD-は実際につないでみて確認しました.最初はD+とD-をどちらにつないでもUSB機器として認識されませんでしたが,D+側の信号をVBUSに1.5kΩの抵抗でプルアップしたところ,USBのストレージデバイスとして認識されるようになりました.
この1.5kΩの抵抗は,USBにつながっている(VBUSに電圧が来ている)ときだけつなげるようにリレースイッチをつなぎました.

ケースは新しく作りました.使ったケースは,以前アンプの製作(その12, 3, 4)に使ったのと同じ,YM-50というものです.

以下が完成した写真です.
リレースイッチとレギュレータICは,熱収縮テープにくるんでいます.

ケース内部 ケース内部  ケース内部(拡大) ケース内部(拡大)  リレースイッチとレギュレータ リレースイッチとレギュレータ
ケース前面 ケース前面  ケース背面 ケース背面  変換プラグ 変換プラグ

背面のテープは,誤ってあけた穴を塞いでいるものです.
USB端子がステレオ出力端子を兼ねているので,変換用のアダプターを使って接続します.

このプレーヤーはフラッシュメモリのサイズが256MBと小さいのが難点ですが,ディスプレイがついていて便利なので,同じサイズのケースに収めたアンプと一緒に使っていきたいと思います.

MP3プレーヤーとYAHAヘッドホンアンプ・Chu-Moy型ヘッドホンアンプ・TDA1552Qパワーアンプ・TA2020デジタルアンプ  MP3プレーヤーとアンプ4種(YAHAChu-MoyTDA1552QTA2020)の集合写真


[戻る]
2009-02-20 ページ作成
(2009-02 製作)
T. Nakagawa